心理学の話

ピーターパン症候群とは?仕事や恋愛での診断特徴と原因・治し方

Sponsored Links

ピーターパン症候群とは「身体的には大人なのに、精神的には大人になれない人」のことで、その程度が病的なレベルになっている場合のことをいいます。

男性に多い症状といわれていますが、女性にも表れる症状といえます。

この記事では、ピーターパン症候群の具体的な症状や特徴、診断基準や治し方についてくわしく紹介します。

ピーターパン症候群の人と付き合う人がおちいりやすい「ウェンディ・ジレンマ」についても解説していますので、参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

ピーターパン症候群とは?

ピーターパン症候群

ピーターパン症候群とは、身体は成熟した大人なのに、精神的に大人になれない男性のことです。

1983年にアメリカの心理学者ダン・カイリー博士によって提唱されました。

名前は、大人になりたがらない少年を描いた、ジェームズ・バリーの小説『ピーター・パン』からとられています。

心理学や精神医学の正式な用語ではなく、あくまで「誰にでもありうる問題」のひとつとして考えてみてください。

[ad#co-1]

ピーターパン症候群の原因は?

ピーターパン症候群の原因としてあげられるのは、以下のものがあります。

ピーターパン症候群の原因

  • 幼少期に受けた、いじめや虐待によるストレス
  • 幼少期に親や周囲の大人たちからの愛情を受けずに育ったことによる回帰心
  • 社会的な劣等感、コンプレックス、孤立感から逃避したいという気持ち
  • マザーコンプレックス
  • 家族からの過保護に対する依存心

上の他にも先天的な発達障害など、原因とされるものは諸説あります。

[ad#co-1]

ウェンディ・ジレンマとは?

ピーターパン症候群

「ウェンディ・ジレンマ」とは、ピーターパン症候群の人と長期間付き合う異性にあらわれる傾向です。

ウェンディ・ジレンマにおちいっている人は、ピーターパンにとっての完璧な女性、つまり「母親」を演じてしまいます(男性の場合も同じような役割を演じてしまうことが考えられます)

ピーターパン症候群である相手の世話を焼きたがり、責任感が強く、悪いのはつねに自分であると思いこんでしまうのです。

小説『ピーター・パン』では、ウェンディはピーターの母親がわりをし、甘やかしました。

カイリー博士は、これになぞらえて、ピーターパン症候群におけるウェンディのことを「ウェンディ・ジレンマ」と定義しました。

[ad#co-1]

ウェンディ・ジレンマの克服法

カイリー博士は、ウェンディ・ジレンマを克服するためには、「ティンカー・ベル」になることが良いとしています。

ティンカー・ベルは、ピーターの母親になることを拒否し、責任は自分と相手にそれぞれ平等にあると考えるような自立した女性です。

このように、意識的にティンカー・ベルとしての役割を演じることで、「母親」ではなく「伴侶」になることができるというわけです。

[ad#co-1]

ピーターパン症候群の特徴や見分け方は?仕事や恋愛での診断基準

ピーターパン症候群

ピーターパン症候群の定義だけ知っていても、実際に判断するのは難しいですよね。

こちらでは、ピーターパン症候群の特徴を紹介します。

仕事や恋愛でこのような傾向がある人と出会ったら要注意です。

①自己中心的

ピーターパン症候群の人は、物事を主観で見ることしか出来ません。

視野が狭く、わがままで非常に自己中心的です。

他人の気持ちにはむとんちゃくですが、相手には自分のやり方やこだわりを強要します。

[ad#co-1]

②無責任で他人まかせ

ピーターパン症候群の人には、責任感や義務感がありません。

例えば、仕事で自分にミスがあっても、それを自分のミスだと認められずにすぐに逃げてしまいます。

平気で他人に責任を押し付けることが出来るのです。

③依存しやすい

ピーターパン症候群の人は、他人に依存しやすい傾向があります。

常に自分を肯定してくれる人間を必要とし、常に誰かに甘えがちです。

[ad#co-1]

④感情のコントロールができない

ピーターパン症候群の人は、ささいなことで怒ったり、感情のコントロールが苦手です。

ひんぱんにその場にふさわしいふる舞いが出来ない男性は、その傾向がアリ?

⑤プライドと理想が高い

ピーターパン症候群の人は、プライドが高く、他人から否定されることを拒みます。

また、理想も高いですが、手に入れるための努力はせず、常に受身です。

[ad#co-1]

ピーターパン症候群の治し方・治療方法

ピーターパン症候群

ピーターパン症候群はパーソナリティ障害であるため、「これをやれば治る」といったような即効性のある治療法はありません。

自分でピーターパン症候群と認識し、誰かに依存しないように気をつけたり、責任感を身につけるなど、根気強く矯正していくしかないのです。

「自分は大人である」と強く認識して、日ごろの言動に気をつけて生活することが大事です。

[ad#co-1]

まとめ

ピーターパン症候群

今回は、ピーターパン症候群について解説しました。

自己中心的、他人まかせなど、全体的に「子どもっぽい」ところがポイントですよ。

周囲にピーターパン症候群の男性がいる方や自分がピーターパン症候群かも?とお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]




Sponsored Links

-心理学の話

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.