月別アーカイブ:2018年11月

過干渉

子育ての話

過干渉な親の特徴チェックリスト:過保護との違いは?対処法・やめるには

2018/11/21  

過干渉という言葉を聞いたことはありますか?
過干渉とは、ごく簡単に言えば、親が必要以上に子供のことに口出しをすることです。
自分は子供に対して過干渉かもしれないと思った親や、親との関係が重くて苦しいと感じている子供の立場の方もいるでしょう。
こちらでは、過干渉の親の特徴をご紹介するとともに、チェックリストで具体的にチェックしてみたいと思います。
また過干渉の対処法や、過保護との違いもご紹介していきますので、参考にしてみてください。

ポモドーロテクニック

ライフハック

ポモドーロテクニックとは?効果とやり方を解説!おすすめのタイマーアプリは?

2018/11/19  

皆さんは「ポモドーロテクニック」というのを聞いたことはありますか?
効率よく仕事や勉強などをこなすテクニック、それが「ポモドーロテクニック」です。
最近だんだんと知られてきて、実践している方も多くなってきたこの方法。
「聞いたことあるけど、イマイチよくわからない」方も多いのではないでしょうか?
今回は「ポモドーロテクニック」の効果や、そのやり方についてまとめてみました。
効率よく仕事をこなしたい!無駄なく勉強したい!
そんな方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

しりとり る

ライフハック

しりとりの「る」を攻略!るから始まる言葉・るで終わる言葉(る攻め)・る返し!

2018/11/19  

しりとりは、今さらルール説明するまでもないメジャーな言葉遊びですが、なかなか出てこない文字もありますよね。
その代表格なのが「る」です。
皆さんも、「る」で攻められて、なかなか出てこない経験があるのではないでしょうか?
今回は、そんな「る」の付く言葉を集めてみました。
しりとりで「る」が出てきたときには、ぜひ参考にしてみてください。

判官贔屓

歴史の話

判官贔屓(ほうがんびいき)の意味とは?語源由来や類語を解説!日本人特有の好み?

2018/11/13  

判官贔屓(ほうがんびいき)とは、「勝負に負けた人や、弱い人に対して無条件に同情したくなる気持ち」のことをいいます。
甲子園の高校野球などを見ていると、負けている方のチームを応援したくなることがありますよね。
この気持ちは時にもっと進んで、負けたことをことさらに美化したり、さらに勝った方を悪者にしてしまったりすることさえもあります。
この「判官贔屓」の判官は日本の歴史ではとても有名なある人物に由来する言葉なのです。
この記事では、この判官贔屓の言葉の由来や、その具体的な例について紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

菩提心

宗教の話

「菩提心をおこすこと」の意味とは?慮知心・即身成仏との関係をわかりやすく解説!

2018/11/13  

菩提心とは、簡単に言うと「悟りを得よう」決意する気持ちを持つことをいいます。
「菩提」というのは悟りのこと、もともとはサンスクリット語のbodhi(ボーディ)から来た言葉です。
「菩提(ぼだい)=ボーディ」と、発音が似ていますよね。
漢字は音に合わせた当て字です。
この記事では、お釈迦様の開いた悟りとはどんなものなのか、ということを通して菩提心の意味とその中身について解説します。
仏教に関心がある方はぜひ参考にしてみてくださいね。

ダニングクルーガー効果

心理学の話

ダニングクルーガー効果とは?その心理を具体例で解説!過大評価の理由は?

2018/11/12  

ダニングクルーガー効果とは、簡単に言うと「能力の低い人ほど自分ができる人間と思い込む傾向がある」という心理のことです。
例えば、仕事ができないのに、なぜか口だけは一人前で、まわりの人を見下した態度をとっているのを見かけたことがあるでしょう。
この人の心理には、ダニングクルーガー効果が働いていると予想できます。
この記事では、ダニングクルーガー効果の意味や具体例について簡単にわかりやすく解説します。
ダニングクルーガー効果から脱する方法についても紹介していますので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

ベンダー 意味

ビジネスの話

ベンダーの意味とは?ビジネス用語を具体例で解説!【it・食品・流通業界】

2018/11/12  

ベンダーという言葉は、ごく簡単にいうと「販売会社」のことです。
例えば、製品を仕入れてきてお客さんに売る会社は、全てベンダーに当てはまります。
ベンダーという言葉は、itや食品、流通などの各業界や自動販売機を呼ぶときにも使われているビジネス用語ですが、ベンダーの意味をしっかり理解している人は少ないでしょう。
そこでこの記事では、ベンダーというビジネス用語の意味を業界別に説明します。

ヤマアラシのジレンマ

心理学の話

ヤマアラシのジレンマとは?心理学的な意味を説明!由来はエヴァ?ショーペンハウエル?

2018/11/12  

ヤマアラシのジレンマとは、簡単に言うと「他人に近づきたいけど、傷つくのが怖くて近づけない」という心理のことです。
例えば、恋人になりたいが、振られたら友人には戻れないかもしれないから告白しないという状態がヤマアラシのジレンマということになります。
この記事では、ヤマアラシのジレンマの意味や由来を具体例を使って解説しますので、参考にしてみてくださいね。

馴化

心理学の話

馴化とは?心理学用語の意味を具体例を用いて解説!脱馴化・鋭敏化との違いは?

2018/11/12  

馴化(じゅんか)とは、簡単に言えば「何かに慣れてしまうこと」です。
例えば、どこかへ旅行して見たことのない風景や食べ物を楽しんだことがあるでしょう。
地元の料理は最初は珍しくて、特に美味しいと感じるかもしれません。
ところが毎日毎食、同じものが出てくるとそのうち飽きてしまって欲しいと思わなくなりますよね。
このような好みの変化のことを、「味覚が馴化」したというように表現するわけです。
馴化という人間の反応は、心理学用語としてもとても重要な意味を持っていることをご存知でしょうか。
この記事では、心理学の用語としての馴化の意味と、その具体的な例を説明しますので、参考にしてみてくださいね。

改善 意味

ビジネスの話

改善の意味とは?使い方や類義語を具体的に解説!トヨタのカイゼンの具体例も紹介

2018/11/9  

「改善」は、日常でよく聞く言葉ですよね。
例えば、「生活を改善する」といった場合には、「生活の状態が今よりもよくなるようにすること」という意味があります。
ビジネスシーンでも、上司や取引先から「この仕事もっと改善できないかなぁ?」と言われて、「具体的に何をどうすればいいんだろう?」と疑問に感じるケースがあるかもしれません。
そのような場合には、トヨタ自動車でも用いられている「カイゼン運動」の考え方がとても参考になりますよ(きっときびしい上司もうなる良い改善提案が生まれるはず!)
この記事では、改善という言葉の意味について解説するとともに、具体的な改善提案の例を紹介しましょう。

Copyright© 田楽ブログ , 2019 All Rights Reserved.