ビジネスの話

ローンチの意味とは?ビジネス例文で解説!キックオフやプレスリリースとの違いは?

Sponsored Links

新しいスマホゲームがサービス開始したときや、新しいWEBサイトがオープンしたようなときに「〇月×日ローンチ!」というような言い方をしているのを聞いたことがありますよね。

この「ローンチ」というのは、ごく簡単にいえば「サービスやビジネスが開始した」という意味になります。

ローンチ=「新しいサービスやビジネスが開始した」という意味

ただし、単純に「お店がオープン」といった場合と、ローンチとではちょっとニュアンスが異なる点に注意が必要です。

(同じような言葉でキックオフやプレスリリースという言葉もありますが、これらもちょっと意味が違います)

この記事では、ローンチという言葉の意味について、具体例を使って簡単にわかりやすく解説しますので参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

ローンチの意味とは?

ローンチ 意味

冒頭でも見たように、新しいサービスやビジネスが開始するのを告知するときに、「〇月×日に~サービスがローンチ!」というような言い方をします。

単純に「開店オープン!」や、「サービス開始!」といったときと少し意味が異なるのは、この言葉がもともとIT業界や、債券市場の言葉である点です。

債券というのは国や会社が市場からお金を借りたいときに発行する商品券のようなものですが、この「債券を発行する」ということを、英語で「Launch」といいます(発音的にはラーンチの方が近いです)

また、IT業界では新しいサービスやサイトを作った時には、「とりあえず開設して一般の人も見られる状態にして、そこからいろんなフィードバックをしてもらいながら良いサービスにしていく」ということが良く行われます。

簡単にいえば超見切り発車で商品やサービスを世の中に出すという感じですね。

IT業界では、このような形でのサービスの開始のことを「ローンチ」ということが多く、正式な商品の発売と分けてきたという経緯があります。

ただし、現在ではこのローンチという言葉と、単純な「サービス開始」という言葉とはそれほど意味を分けて使われていないというのが実際のところです。

IT業界というのは変化の激しい業界ですから、そこで使われる言葉の意味やニュアンスもどんどん変わっていくことに注意が必要です。

[ad#co-1]

キックオフミーティングとの違いは?

キックオフミーティングとは、会社の中で特定のプロジェクトを開始するときに、全員でそのプロジェクトの内容を共有するために開催される「会議」のことを言います。

キックオフとはもともとサッカーの用語で、「はじめる」という意味を持ちます。

キックオフとローンチはおなじはじめるという意味を持ちますが、すでに慣例化した言い方となっているため、「ローンチミーティング」ということはありません。

プレスリリースとの違いは?

プレスリリースとは、会社が新製品などを開発した際に発表される記事や声明のことを言います。

プレスローンチとは言いません。

なぜなら、プレス(記事)をリリース(発表)するという意味ですでに人々の間で定着しているからです。

[ad#co-1]

ローンチという言葉の具体的な使い方・例文

ローンチは文脈によって様々な意味を持つ言葉です。

以下では、ローンチが使われる様々な文脈を紹介して、それぞれのローンチの意味を紹介します。

ビジネスシーンでの例文

ビジネスシーンにおけるローンチとは、事業に乗り出すという意味です。

例えば、「あのプロジェクトはもうローンチした?」と言えば、「プロジェクトは始まったの?」という意味となります。

ゲームでの例文

ゲーム市場におけるローンチとは、発売するという意味です。

例えば、「あのゲーム、もうローンチされたっけ?と言えば、ゲームがもう発売されたかどうかを確認するという意味になります。

債券市場での例文

債券市場におけるローンチとは、発行するという意味です。

例えば、「あの会社、社債券をローンチしたらしいよ」と言えば、社債券が発行されたという意味になります。

[ad#co-1]

まとめ

今回は、ローンチという言葉の意味について解説しました。

近年では、英語ネイティブが全く使わない使い方でローンチという言葉が使われていることも少なくない点に注意しておきましょう。

ローンチという言葉はビジネスの世界でも徐々に使われるようになってきているため、正しい意味を理解しておくことが大切です。

[ad#co-1]




Sponsored Links

-ビジネスの話

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.