カラオケのコツ

カラオケで高得点を出す方法!コツや出しやすい曲を男女別に紹介!

※このページは 3 分で読めます。

カラオケ 高得点

(カラオケで高得点を出す方法は?歌い方のコツや高得点を出しやすい曲を男女別に紹介します)

歌にはけっこう自信があるのに、カラオケで歌うと意外に点数が出ない…。

↑このようなお悩みをお持ちの方、多いのではないでしょうか。

私も、カラオケを始めた頃は70点もいかないくらいだったんです。

でも、高得点を出すコツを覚えた結果、90点以上を安定的に出せるようになりました!

カラオケの点数の出る仕組みさえわかれば、誰でも今より点数を伸ばせるんですよ。

それでは具体的な方法について説明していきます。

Sponsored Links

カラオケで高得点を出す方法・コツ

カラオケで高得点を出すためには、次の5つのコツを身につけることが大切です。

カラオケで高得点を出すためのポイント


  • ①しゃくり
  • ② ビブラート(ロングトーンも含む)
  • ③こぶし
  • ④フォール
  • ⑤カラオケ機器によって採点の基準が違うことを知る

以下で順番に説明します。ぜひコツを覚えて高得点をゲットしちゃいましょう!

Sponsored Links

①しゃくりとは

しゃくりは、その音よりも1音低い音から出して、ずり上げる唱法です。

わかりやすい例は演歌ですね。

しゃくりは、ポップスやロック系の歌でも取り入れると効果的で、カラオケの点数アップに直結します。

②ビブラート(ロングトーン)とは

音を伸ばすときに、まっすぐに声を出すのではなく、声をゆらしながら伸ばす唱法です。

まずは下半身をしっかり安定させましょう。

一定の速さのビブラートを維持できると高得点に結びつきます。

Sponsored Links

③こぶしとは

こぶしは、ほんの一瞬、音を上下させる唱法です。

よく民謡で使われますが、ポップスやロック系でも使うと、テクニカルな歌に仕上がります。

④フォールトは

フォールはしゃくりの反対で、その音よりも1音高く音を出し、そこからずり下げる唱法です。

取り入れると表現の幅がグッと広がります。

Sponsored Links

⑤カラオケ機器によって採点の基準が違うことを知る

カラオケ機器が得点を判断する上で、基本となるポイントは4つです。

音程、リズム、強弱、テクニックです。

テクニックの内容は先ほど挙げた①から④です。

実はカラオケの機器はどれも同じじゃないんです。

メーカーごとの特性も知って、より高得点を目指しましょう!

Sponsored Links

DAMの場合

まず1番に比重を占めるのは音程です。

これがあっていないと点数は伸びません。

音程がずれ気味の人は、画面に出てくる音程バーをしっかり見て、キラキラの表示が出ているか確認してください。

次に比重を占めるのが強弱とテクニックの中のしゃくり、こぶし、フォールです。

特に強弱をしっかりつけることで高得点につながります。

3つ目に判断されるポイントはビブラート(ロングトーン)です。

1秒以上、一定の速さで音程もしっかり合っていると加算されます。

4つ目は安定感です。

次のページへ >




Sponsored Links

-カラオケのコツ

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.