カラオケのコツ

カラオケ下手・音痴な人の特徴と改善方法:上手に歌うコツ教えます!

※このページは 4 分で読めます。

カラオケ 下手

(カラオケが下手・音痴なのでできれば歌いたくない…という方へ。今すぐ改善できる歌い方のコツを解説します)

※カラオケが苦手な人あるある

  • 友達とカラオケに行った時に「音痴」と笑われる
  • カラオケで、まわりから「歌って」といわれると心臓がバクバクしてしまう…
  • カラオケは誘われるたびに憂鬱…つい断ってしまいがち
  • ノリが悪いと思われるのは嫌だから誘われたら行くけど、本心では苦痛
  • カラオケ大好き人間ばかりの職場でつらい…

↑日本人はカラオケ大好きですから、苦手な人にとってはまさしく生きづらい世の中ですよね…。

実は私もちょっと前までは同じ悩みを持っていたんです。

(上であるあるとして紹介したのは当時の私の心の叫びです…)

そんな私でも、「カラオケで歌うときのちょっとしたコツ」を知ったことで、友達に歌が上手いと言われる側になる事ができたんですよ。

カラオケは誰でも上手になれますが、少しの練習とコツが必要です。

この記事では、「カラオケが下手でお悩みの方、音痴なのでできるだけカラオケには誘われたくない…」という方向けに、下手な人の特徴と具体的な改善方法(歌うときのコツ)を紹介いたします。

Sponsored Links

カラオケが下手な人の特徴・勘違いしていること

結論から言うと、カラオケで歌を上手く聞かせるためには、歌が上手である必要はありません。

「上手く歌う」のではなく、「上手く聞かせる」のが大切なのです。

歌が下手と言われる人は、下手に聞こえる歌い方をしてしまっているだけなのです。

歌が下手に聞こえる人の特徴は、次の通りです。

【歌が下手に聞こえてしまう人の特徴】

  • ①自信がない
  • ②自分が歌えない歌を歌おうとする
  • ③無理に原曲キーで歌おうとする
  • ④地声で歌おうとする
  • ⑤音程やリズムがずれている

これらは、「それぞれちょっとしたコツ」を押さえるだけで劇的に改善することができます。

それぞれの改善方法について、順番に紹介しましょう。

Sponsored Links

①自信がない

カラオケで歌が下手に聞こえる人のほとんどは、自信がなさそうに歌います。

自信がないと自然と声が出なくなり、まわりの人は下手に感じます。

歌が上手いと言われる人を思い浮かべてみると、みんな自信を持って歌っていると思います。

自分に自信を持って歌うようにしましょう。

②自分が歌えない歌を歌おうとする

人は誰しもが自分の音域というものをもっています。

自分の音域外の歌や難しい歌を歌ってしまうと、まわりの人は、その人が歌えてないと感じます。

歌が上手いと言われる人は、自分が歌える歌のみを歌って、自分が歌えない歌はカラオケではほとんど歌いません。

自分が歌えない歌はできる限り歌わないようにしましょう。

Sponsored Links

③無理に原曲キーで歌おうとする

カラオケにはキー調節という便利な機能があります。

キー調節を使わないと、自分が出せない高さの声を、無理に出そうとする事になります。

無理して歌った歌は、下手に聞こえてしまいます。

大体でいいので、自分の音域に合わせてキー調節をするようにしましょう。

④地声で歌おうとする

カラオケのマイクは、低い音が拾いにくくなっています。

地声だと、カラオケのマイクがあまり声を拾わなくなり、響きが悪くなってしまうため、下手に聞こえてしまいます。

できるだけ、地声ではなくミックスボイス等を出せるようにしましょう。

しかし、いきなりそんな事言われても、難しいという人が多いと思います。

どうしても地声で歌いたい場合は、マイクの音量とエコーが強くなるように調節してください。

Sponsored Links

⑤音程やリズムがずれている

音程やリズムがずれていると、どんな歌声や歌い方でも、下手に聞こえたり、違和感を覚えたりします。

音痴とまではいかなくても、音を取るのが苦手な人は意外と存在します。

次のページへ >




Sponsored Links

-カラオケのコツ

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.