Sponsored Links

ライフハック

【早起きする方法】目覚ましでは不安な方へ!学生・社会人もOK!

早起きする方法

(朝苦手な人が早起きする方法は?すっきり目覚めるために習慣づけるべきことについて解説します)

  • 朝起きるのがどうしても苦手…早起きの得意・不得意ってやっぱり体質なの?
  • 朝が早い日はいつも頭がしゃっきりしない…。すっきり目覚めて朝からバリバリ活動できるようになるにはどうしたらいい?

↑今回は、こうしたお悩みについてです(学生・社会人を問わず深刻な悩みですよね)

早起きが苦手な人の場合、「低血圧だからしょうがない」「夜型人間だからしょうがない」とあきらめてしまっている人もひょっとしたらおられるかもしれません。

でも大丈夫です!

早起きはちょっとした習慣の変化で、まったく苦も無くできるようになるものなんですよ。

この記事では、早起きする方法(朝早くてもすっきり目覚められるようになる方法)をお教えしますので、ぜひ参考にしてみて下さいね。

[ad#co-1]

【早起きする方法】すっきり目覚めるためのポイント

↓早起きでも朝一番から頭がすっきりするようにするためには、次のような習慣を持つことが大切です。

早起きのために身に着けるべき習慣

  • ①朝起きたらコップ1杯分の水を飲む
  • ②二度寝は厳禁!一度起きたら布団から出る
  • ③日光を活用して睡眠サイクルをつくる
  • ④最適な睡眠時間は年齢別に異なることを理解する
  • ⑤毎日同じ時間に寝る

それぞれの意味について、順番に解説しましょう。

[ad#co-1]

①朝起きたらコップ1杯分の水を飲む

朝起きたら、コップ1杯分の水を飲むようにしましょう。

朝起きた直後に水を飲む事で、体を目覚めさせる事ができます。

朝、水を飲むと体には、何が起こるのでしょうか?

まず、水を飲む事により、身体と喉が潤います。

身体が潤えば、自然と目が覚めるようになっています。

さらに、水を飲む事により、内臓の働きが活発になり、血液の循環もよくなります。

朝起きたら水を飲む事を忘れないようにしましょう!

[ad#co-1]

②二度寝は厳禁!一度起きたら布団から出る

二度寝をすると、朝スッキリと起きる事ができなくなります。

朝スッキリと起きれなければ、早起きは難しいでしょう。

では、なぜ二度寝をすると、朝スッキリと起きる事ができないのでしょうか?

通常は起床時間に向かって、体温は上昇していくようになっています。

しかし、二度寝をすると、深い眠りに入ろうとしてしまい、体温が低下してしまいます。

そのような状態で起きようとすると、自律神経が乱れてしまい、結果として朝スッキリと起きる事ができなくなってしまうのです。

二度寝をすることなく、1回で起きるようにしましょう!

[ad#co-1]

③日光を活用して睡眠サイクルをつくる

朝起きるときに、日光を浴びるようにしましょう。

日光を浴びることによって、交感神経が刺激され、体内時計がリセットされます。

体内時計が毎朝リセットされると、朝同じ時間に起きるサイクルが体の中で出来上がってきます。

そして、それは早起きを習慣にする事につながります。

朝、目が覚めたら部屋のカーテンを開けて、日光を浴びるようにしましょう!

[ad#co-1]

④最適な睡眠時間は年齢別に異なることを理解する

睡眠は7時間以上取るようにしましょう。

睡眠時間が短いと、十分な休養が取れずに、朝の目覚めも悪くなってしまいます。

では、なぜ7時間なのでしょうか?

それは、成人している人が質の良い睡眠を取るために必要な、最低時間が7時間だからです。

これは、ワシントン州立大学とペンシルベニア大学で行なわれた、睡眠時間ごとに心身の状態を調査するという実験により証明されました。

ちなみに、同じく過去の調査より、小学生は10時間、中学生は9時間、高校生は8時間ほどの睡眠時間が必要という結果が出ています。

自分の年齢の最低睡眠時間よりは多く、睡眠をとるようにしましょう!

[ad#co-1]

⑤毎日同じ時間に寝る

毎日の就寝時間はそろえるようにしましょう。

毎日同じ時間に寝ることによって、体がその生活リズムを覚えて、毎朝スムーズに起きる事ができるようになります。

逆に毎日寝る時間がバラバラだと、体がその変化に対応しきれなくなってしまい、体内時計が狂ってしまいます。

体内時計が狂ってしまうと、体が睡眠中に上手く休息を取ることが出来なくなってしまうため、体に疲れが残ったりしてしまいます。

毎日寝る時間を決めて、その時間を必ず守るようにしましょう。

[ad#co-1]

早起きするためのアプリを活用しよう!

朝すっきりと目覚めるためには、単純に「音の大きい目覚まし時計を使う」だけでは足りません。

音の大きな目覚まし時計を使えば、目は覚めるでしょうが、重要なことは「すっきり爽快な状態で目覚めること」ですよね。

これを実現するためには、あなた自身の睡眠のリズム(レム睡眠とノンレム睡眠のサイクル)に合わせて起床することが重要なのです。

こうした便利な機能がついているとっておきの早起きアプリを紹介しましょう。

[ad#co-1]

「熟睡アラーム」

↓このアプリは下記リンク先で無料でダウンロードできます(スマホ)

このアプリは、深い睡眠(レム睡眠)と浅い睡眠(ノンレム睡眠)を自動で検知して、眠りが浅いタイミングで、アラームを鳴らしてくれます。

これは、寝ている時の布団の振動音等から、深い睡眠が出来ているかどうかを、測ってくれるからです。

また、深い睡眠と浅い睡眠を時間ごとに、グラフ化してくれる機能もついています。

これにより、自分が質の良い睡眠が取れているか、確認する事ができます。

さらに、このアプリは「アラーム停止アクション」をセットする事ができます。

「アラーム停止アクション」とは、アラームを止めるときに、「仲間はずれ探し」「計算」「シェイク」などの動作をしないと止めれないという機能です。

これらの2つの機能を活用すれば、確実に毎朝早く起きる事ができるでしょう。

[ad#co-1]

まとめ

早起きできる体になるために重要なことは、「1回だけ頑張る」のではなく、「毎日の習慣にすること」です。

これまで身に着けてしまった習慣を変えることには大変な苦痛がともなうものです。

たかが早起きと言えど、されど早起きです。

三日坊主になってしまっても悲観的になる必要はありません。

腰を落ち着けて取り組みましょう!

一度失敗しても、それを継続する事で、必ず誰でも早く起きる事ができるようになりますよ。

[ad#co-1]

Sponsored Links



Sponsored Links

-ライフハック

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.