歴史の話

徳川将軍の一覧表と覚え方(語呂合わせ)墓所の寛永寺についても紹介!

Sponsored Links

※このページは 3 分で読めます。

徳川将軍は、200年間も日本の平和を守ってきた徳川幕府の代表です。

15人いる徳川将軍ですが、全員が教科書などで紹介されるわけではないので、全員知っているかと問われれば、「う~ん…」とうなってしまう方も多いのではないでしょうか。

この記事では、徳川将軍を全員知りたい方向けに、徳川将軍のプロフィールや15人の覚え方、徳川将軍の菩提寺について紹介します。ぜひ、参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

徳川将軍を一覧で紹介!

徳川将軍15名の一覧

  • ①家康:徳川将軍家始祖のレジェンド
  • ②秀忠:二代目はつらいよ
  • ③家光:幕藩体制を敷いた男色家
  • ④家綱:病弱な「さようせい将軍」
  • ⑤綱吉:赤穂浪士もドン引き?犬公方さま
  • ⑥家宣:綱吉の尻拭いをしたインテリ将軍
  • ⑦家継:わずか7才で亡くなった最小年将軍
  • ⑧吉宗:暴れん坊将軍でおなじみ!
  • ⑨家重:小便公方は実は女?
  • ⑩家治:将棋オタクな愛妻家
  • ⑪家斉:在位50年!精力絶倫オットセイ将軍
  • ⑫家慶:ペリーが来ても「そうせい」?
  • ⑬家定:篤姫の旦那さまは、廃人か隠れた名君か?
  • ⑭家茂:時代に翻弄され若くして散った「名君の器」
  • ⑮慶喜:徳川幕府に終止符を打った最後の将軍

徳川将軍は全15人、戦国時代末期から幕末まで、200年間の平和な時代を保ってきました。

全員初代家康の血筋ですが、7代家継までは3男秀忠、8代吉宗から14代家茂は紀州徳川家 (初代は家康の10男の徳川頼宣) 、15代慶喜は水戸徳川家 (初代は家康の11男の徳川頼房) です。

そのため、直接的な血筋は家継までという考え方もあります。

Sponsored Links

徳川将軍の覚え方(語呂合わせ)を紹介!

徳川将軍の覚え方(語呂合わせ)

  • 「徳川は/家康ひみつ/つのつよし/はなよさもよし/15代」
  • 「とくがわは/いえやすひみつ/つのつよし/はなよさもよし/じゅうごだい」

5・7・5の俳句のようなリズムで覚えましょう。

  • 家康=家康
  • ひ =秀忠
  • み =家光
  • つ =家綱
  • つ =綱吉
  • の =家宣
  • つ =家継
  • よ =吉宗
  • し =家重
  • は =家治
  • な =家斉
  • よ =家慶
  • さ =家定
  • も =家茂
  • よし=慶喜

それぞれの将軍の名前の最初の一文字を順番に覚えるという感じですね。

名前の最初に「家」がついている将軍は、そのひとつ後の文字を覚えましょう。

徳川将軍は15人もおり、名前も似たようなものばかりなので、覚えにくいですよね。

これを覚えれば、あなたも徳川将軍マスターですよ!

Sponsored Links

徳川将軍それぞれのおもしろエピソード

徳川将軍

ここからは、徳川15代将軍それぞれのエピソードを紹介しましょう。

有名な逸話やおもしろエピソードと一緒に名前を理解しておくと記憶が定着しますよ!

>>秀忠以降の顔画像についてはこちらをご覧ください

1代目 徳川家康:徳川将軍家始祖のレジェンド

徳川家康は、過酷な戦国時代を勝ち抜き、200年続く徳川将軍家を開いた人物です。

次のページへ >




Sponsored Links

-歴史の話

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.