ライフハック

ドライアイス保存の方法や期間・温度を解説!容器は冷凍庫?魔法瓶?

Sponsored Links

※このページは 4 分で読めます。

ドライアイス 保存

(ドライアイスを保存する方法は?長持ちさせるためにおすすめの保存容器や注意点について解説します!)

  • イベントで使うので持っていく必要があるけれど、ドライアイスっていつまで保存できる?
  • 車で運んでも問題ない?溶けてなくなったりしない?
  • ドライアイスを保存するのに最適な容器は冷凍庫?魔法瓶?クーラーボックス?それとも専用の容器があるの?

ドライアイスを日常的に使う人は少ないので、ドライアイスを使いたい時に、このような悩みを持つ人は多いと思います。

この記事では、ドライアイスの性質に基づいて、正しい取り扱い方や保存方法・注意点を紹介します。

はじめてドライアイスを取り扱う・普段は使わない量を使う予定、という方はぜひ参考にしてみてくださいね。

Sponsored Links

ドライアイスの保存方法【基本編】

ドライアイスの保存期間は保存方法や気温によって違いますが、1kg程の量を常温下に放置した場合2~3時間程でなくなってしまいます。

【ドライアイスの保存期間】

1キロのドライアイスを常温で放置すると、2~3時間でなくなってしまう!

ドライアイスを保存する場合は、単体・常温で保管するのではなく、クーラーボックスに入れたり、発泡スチロールの中に入れたり、新聞紙や布で包んだりしてください。

【ドライアイスを長持ちさせる方法】

  • クーラーボックスに入れる
  • 発泡スチロールの中に入れる
  • 新聞紙にくるむ
  • 布でくるむ

ただし、ドライアイスを密閉した容器(魔法瓶など)に保管する事は、絶対にしないでください(後の注意点の部分でくわしく解説します)

Sponsored Links

ドライアイスの保存に最適な温度

次に、ドライアイスを保存する温度について紹介しましょう。

ドライアイスの温度はおよそマイナス78℃です。

とても低温なので、ほとんどの場合は家庭の中で「完全に溶けないようにする事」は不可能です(家庭でできるのは「溶けるを遅らせること」だけです)

【ドライアイスの保存についての大原則】

  • 「永久に保管する」は家庭では不可能
  • 「溶けるのを遅らせる」は可能

Sponsored Links

ドライアイスを長持ちさせるには、熱をなるべく伝えないこと

ドライアイスは、温度が高くなるほど溶けやすくなります。

そのため、ドライアイスをできるだけ長持ちさせるためには、ドライアイスに熱を伝えない事が大切です。

ドライアイスに熱を伝えないようにする方法は主に2つあります。

【ドライアイスを長持ちさせる=熱を与えないようにする方法】

  • 温度が低い場所に保存する
  • 断熱する

Sponsored Links

1つ目は、温度が低い場所に保存する方法です。

冷凍庫などの温度が低い場所に保存する事で、ドライアイスの温度が上がりにくくなり、溶けるまでの時間を長くする事ができます。

ドライアイスはおよそ-78℃であるのに対し、冷凍庫はおよそ-18℃であるため、完全に溶けないようにする事はできません。

しかし、冷凍庫に入れておく事で、単体で保管した場合でも、1kgあたり半日程は保存できます。

2つ目は、新聞紙や布で包んだり、クーラーボックスや発泡スチロールに入れたりして、断熱する方法です。

断熱する事により、ドライアイスに熱が伝わらなくなるので長持ちするのです。

理想はクーラーボックスや発泡スチロールに入れる事です。

しかし、クーラーボックスや発泡スチロールが家にない場合は、新聞紙や布で包むだけでも、効果があります。

これらの2つの方法を組み合わせる事により、1kgあたり、1日程保存する事が可能です。

Sponsored Links

ドライアイス保存の際の注意点

低温で冷却する時に便利なドライアイスですが、取り扱いを誤ると大変危険なことになります。

以下では、ドライアイスを誤って扱う事により起こる危険について解説します。

次のページへ >




Sponsored Links

-ライフハック

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.