Sponsored Links

言葉の意味

サプライヤーとは?システムでの意味と貿易や自動車などの業界用語を紹介!

サプライヤーとは、ごく簡単にいうと「モノを作って供給してくれる人」を意味する言葉です。

ビジネスの言葉としてより具体的に言えば、仕入先や納品業者といった業者がサプライヤーということになります。

ただし、業界によってどのような業者をサプライヤーと呼ぶかは異なりますから、少し混乱しやすい言葉ともいえますね。

この記事では、サプライヤーという言葉の正確な意味や使い方について、具体例をあげながら紹介しますので、参考にしてみてくださいね。

[ad#co-1]

サプライヤーとはどんな意味?

サプライヤーとは

サプライヤーとは、冒頭でも見たように「商品や材料を供給してくれる業者」を意味する言葉です。

英語の「supply(供給する)」に由来する言葉ですが、会社は様々な「供給者」と関わっています。

トヨタ自動車などのメーカー会社であれば、鉄鉱などの材料から、ネジなどの部品にいたるまで、いろんなものを仕入れなければ商品を作ることができませんよね。

メーカー会社からみて、これらの材料や部品を供給してくれる業者がサプライヤーというわけです(子会社がサプライヤーとなっていることもあります)

他にも、スーパーなどの小売業者は野菜・肉・飲み物など、様々なものを農家から仕入れています。

この場合、取引先の農家は、スーパーの側から見るとサプライヤーということになります。

[ad#co-1]

IT・システム用語としてのサプライヤーの意味

サプライヤーとは

IT・システム用語として使われる場合には、システム全体を動かすための細かいシステムを供給している人・会社をサプライヤーと呼びます。

例えば、あるシステムを使っているAという会社があったとして、そのシステムが動くためには、a, b, cというサブシステムが必要だったとしましょう。

このとき、a, b, cというサブシステムを作っている会社のことを、A社から見てサプライヤーと呼びます。

[ad#co-1]

サプライヤーという言葉は実際にどう使われる?

サプライヤーとは

サプライヤーという言葉はビジネスの世界ではよく使われる言葉となっています。

以下では、貿易・自動車・食品の3つの業界について、サプライヤーという言葉がどのように使われているのかについて説明しましょう。

(これ以外の業界にいる人も、これらに準じた使い方をしておけば大きな間違いはないと思います)

貿易業界におけるサプライヤー

貿易業界におけるサプライヤーとは、単に取引先を意味する言葉です。

そのため、貿易業界の人が「海外のサプライヤー」と言ったような場合には、「海外の取引先」のことを意味します。

貿易業においては、海外から商品などの仕入れを行っていることから多数のサプライヤー(取引先)と関わりながら仕事をすることになります。

[ad#co-1]

自動車業界におけるサプライヤー

サプライヤーとは

自動車業界におけるサプライヤーとは、材料・備品などの納品してくれる供給業者のことを言います。

自動車を作るためには、様々な部品が必要です。

そのため、一つの自動車を作るために、自動車会社は多様な部品サプライヤーと関わっています。

タイヤを納品しているサプライヤーもいれば、エンジン部品だけを納品しているサプライヤーもいるといように、たくさんの企業が協力して一つの製品を作るという点に特徴があります。

食品業界におけるサプライヤー

食品業界におけるサプライヤーとは、農家・漁師・加工業者のことを意味します。

食品業界の代表的な存在であるスーパーには、野菜や肉など多種多様な品物が並んでいますね。

それらはすべて農家さんや漁師の方がとってきたものです。

それらは農家さんや両氏の方から食品業界のもとへと送り届けられ、私たちはそれを購入することができることになります。

[ad#co-1]

まとめ

サプライヤーとは

今回は、サプライヤーとは何かについて具体例をあげながら解説しました。

本文で紹介しましたが、サプライヤーとは供給者という意味です。

サプライヤーという言葉はビジネスの世界ではよく使われますが、業界によってどのような相手をサプライヤーと呼ぶかは異なるので注意しましょう。

[ad#co-1]

Sponsored Links



Sponsored Links

-言葉の意味

Copyright© 田楽ブログ , 2020 All Rights Reserved.