言葉の意味

「人間万事塞翁が馬」の意味や例文:類義語や由来・出典も簡単に解説

投稿日:

人間万事塞翁が馬 意味

(人間万事塞翁が馬の意味とは?例文や類義語・出典について解説します!)

人間万事塞翁が馬」とは、「訪れる不幸や幸せなどはいつどのように訪れるか分からない。予測する事もできない」という意味です。

【人間万事塞翁が馬】

訪れる不幸や幸せなどはいつどのように訪れるか分からない。

予測する事もできない

また別の解釈では、「世の中でおこる幸福や災いは予測不可能であり、それらに振り回されないようにすべきだ」というものもあります。

Sponsored Links

「人間万事塞翁が馬」の使い方と例文

例文を使って「人間万事塞翁が馬」という言葉の使い方を紹介します。

【人間万事塞翁が馬:例文①】

「就活に失敗して落ち込んでいたけれど、就職先で素敵な出会いがあった。まさに、人間万事塞翁が馬だ。」

この例文では、災いだと思っていた事が、幸福につながったという、良い意味で使われています。

就活で失敗するという不幸が、実は素敵な出会いという幸せにつながったという事です。

【人間万事塞翁が馬:例文②】

「良かれと思ってとった行動が、相手には迷惑だったなんてまさに、塞翁が馬という言葉の通りだ。」

こちらは悪い意味での使われ方ですね。

人間万事塞翁が馬という言葉は、必ずしも良い意味で使われるとは限らないのです。

また、「塞翁が馬」と省略して使われる事もあるので、覚えておきましょう。

Sponsored Links

「人間万事塞翁が馬」の類語

人間万事塞翁が馬の津異義語としては、次のようなものがあります。

【人間万事塞翁が馬:類語①】

「沈む瀬あれば浮かぶ瀬あり」

この言葉の意味は「不運があっても、そればかりではないから落ち込むな」というものです。

これは、不幸や幸せが、瀬が浮き沈みする様子に例えられています。

また、この言葉は「人間万事塞翁が馬」とは違い、良い意味で使われる事が多いことも覚えておきましょう。

【人間万事塞翁が馬:類語②】

「禍福は糾える縄の如し」

この言葉の意味は、「不幸や幸福は一緒に訪れる物だ」というものです。

これは、不幸と幸福が、交差する縄の表と裏に例えられています。

これらの類語も覚えておくと良いでしょう。

Sponsored Links

「人間万事塞翁が馬」の由来・出典は?

「人間万事塞翁が馬」という言葉には、どのような由来があるのでしょうか。

「人間万事塞翁が馬 」という言葉は中国の書物が由来になっています。

直接「人間万事塞翁が馬」と載っている訳ではないですが、以下の話からこの言葉は生まれたのです。

【人間万事塞翁が馬:由来となったお話】

ある日、老人が飼っていた馬が逃げ出しました。

老人がそれについて嘆いていると、逃げ出した馬が、別の優秀な馬を連れて帰ってきました。

老人が喜んていると、その馬に息子が乗った時に、落馬して足を骨折しました。

しかし、その骨折のおかげで、息子は兵役を免除され、命拾いしました。

この話から、不幸や幸せは予測できないという意味で「人間万事塞翁が馬」という言葉が生まれました。

Sponsored Links

まとめ

今回は、「人間万事塞翁が馬」という言葉の意味や使い方、由来を解説しました。

「人間万事塞翁が馬」は実際に役に立つ教訓でもあります。

是非、今回解説した事を覚えて、日常の中でこの言葉を使ってみて下さい。

Sponsored Links

-言葉の意味

Copyright© 田楽ブログ , 2019 All Rights Reserved.